Doorkeeper

【無料】Startup Weekendで人生変わりました?いえ、人生変えました!(Startup Weekend 守山 Vol.4 プレイベント)

2020-10-24(土)13:00 - 16:00
オンライン リンクは参加者だけに表示されます。
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
Startup Weekendについて詳しく知りたい方、ぜひどうぞ!

詳細

Startup Weekendに参加して人生変わりました?

ウィズコロナの時代に始まった「Startup Weekend Online」。10月30日~11月1日には、Startup Weekend 守山 Vol.4 Food Loss and Wasteが開催となります。面白そうだから参加してみたいけど、どんなイベントか分からないと不安ですよね。「Startup Weekendって何をするイベントなのか」「Food Loss and Waste(食品ロス)って何なのか?」「どんな学びがあるのか」を知ってもらうプレイベントを開催します!「Startup Weekend 守山 Vol.4 Food Loss and Waste」に申し込もうか悩んでいる方、申し込んだけど何を準備すれば良いか不安な方。その悩み、全部解決します!

【イベントの概要】

13:00~13:30 1.Startup Weekendって何?

Startup Weekendの3日間の流れや、過去に滋賀県で開催されたStartup Weekendの状況などを共有させていただきます。

13:30~14:00 2.Food Loss and Waste(食品ロス)って何?

Startup Weekend 守山 Vol.4のサブテーマとなっている「Food Loss and Waste(食品ロス)」とは何か?昨年制定された法律や、SDGs(Sustainable Development Goals)での目標値などを、皆で学びましょう。

14:00~16:00 3.Startup Weekendに参加して、人生変えました!

Startup Weekendは起業「体験」イベントです。Startup Weekendの3日間ハイテンションで活動しても、月曜日になればハイテンション期が終わって、次のアクションに繋がらない方も多くいらっしゃいます。しかし、ハイテンションがそのテンションが冷めて「体験」で終わることなく起業への道に進む方もいます。今回は、Startup Weekendの開催を支えるオーガナイザーを務めながら、Startup Weekendに参加をしていく中で、食品ロスを削減し、サーキュラー・エコノミー(循環型経済)を実現するための一歩になるかもしれないビジネスをカタチにするべく活動をしている、滋賀大学経済学部の山下悠氏にお話をお聞かせいただきます。

【こんな方におすすめ!】

Startup Weekendに興味・関心がある方なら、誰でも参加可能です。興味はあるけど3日間という長さに不安な方、Startup Weekendを通じて様々な人と交流を図りたいと思っている方、Food Loss and Waste(食品ロス)とは何か知りたい方、どのような目的の方でもご参加いただけます!(プレイベントに不参加でも、Startup Weekend 守山 Vol.4 Food Loss and Wasteには参加可能です)

【イベントの概要】

<日時>

2020年10月24日(土)13:00~16:00

<人数>

先着順で50名様限定です。

<Zoom URL>

お申込みいただければ表示されます。

【Startup Weekendとは】

Startup Weekendとは「スタートアップ体験イベント」です。週末の3日間だけで、参加者は新しいアイデアをカタチにするための方法論を学び、スタートアップをリアルに経験することができます。Startup Weekendでは1日目(金曜日)の夜に、ビジネスのアイデアがある方が1人1分ずつ、アイデアを発表する「1分ピッチ」から始まります。ピッチ後に投票を行い、3人以上でチームを組み上げ、最終日(日曜日)の17時までにユーザーエクスペリエンスに沿った必要最小限のビジネスモデルを一気に作り上げます。参加者はハッカー、ハスラー、デザイナーといういずれかの役割を選び、チームを組みます。ハッカーは機能・プロダクトの開発、ハスラーは顧客開発と検証、デザイナーは学びに基づく改善を主に担当します。

Startup Weekendはアイデアソンやハッカソン、ビジネスプランコンテストではありません。顧客の課題を発見する。プロダクトを組み上げ、仮説の適切さ、課題解決ができているかの検証を繰り返す。これを54時間という限られた時間の中でどれだけ実行できるかチャレンジしてもらいます。チームで起業する上で必要なことすべてが凝縮されたプログラムであり、Startup Weekendとはチャレンジを続ける人々のためのコミュニティの名称でもあります。オーガナイザーと呼ばれる、Startup Weekendに参加した経験を持つ運営メンバーの手で3日間のイベントは作り上げられ、ファシリテーターと呼ばれるStartup Weekend公認の資格を有したメンバーがイベントの進行を行うという形でコミュニティが成り立っています。

「お!面白そうだ!」と思われた方はぜひ申し込みをしていただきたいのですが、「心配だなあ」と思われた方は、Startup Weekend 守山のオーガナイザーが作成したレポート「Startup Weekendって何ですか?」や、平成最後のStartup WeekendだったStartup Weekend 白浜に参加された小林洋実さんのレポート や、参加が不安な方へ参加をおすすめする理由を説明されている記事「Startup Weekend 参加をためらう10の理由?」などをご一読いただけると幸いです。

【主催】

特定非営利活動法人Startup Weekend 

【ご協賛】

《日本全国・通年スポンサー》弥生株式会社 様
Yayoi-kk

講師 兼 進行役

山下 悠(やました・ゆう)
滋賀大学経済学部 准教授

1980年奈良市生まれ。現在は守山市に在住。神戸大学大学院経営学研究科を修了後、滋賀大学経済学部講師を経て、現在に至る。フランチャイズ・ビジネスや、中小企業にとって役立つインターンシップのあり方、Startup Weekendを始めとする起業家教育などについて、理論・実務の双方向から研究を行っている。2016年3月に行われたStartup Weekend 滋賀・彦根や、2018年2月と10月に開催されたStartup Weekend 奈良など、これまで9回のStartup Weekendに参加。Startup Weekendから「スゲ~!」「ヤベー!」と言える商品やサービスがどんどん生まれてくるのを楽しみにしている。

コミュニティについて

Startup Weekend Moriyama

Startup Weekend Moriyama

Startup Weekend Moriyama(守山)コミュニティです。 Startup Weekend(スタートアップ・ウィークエンド)は、世界中で数十万人が参加しているスタートアップ体験の名前であり、金曜日の夜から日曜日までの54時間で仲間づくりをしながらプロトタイプを作り仮説検証を回し続けます。そして挑戦する人達が集い、支援するコミュニティの名前でもあります。 他の都市でのイベント...

メンバーになる